【プレゼントあり】元・ニート就労支援センター(サポステ)職員の20代ニート・引きこもり就労支援メディア

無職コム

広告

スポンサーリンク

ニート・無業者

ニートの面接術「職歴がありません」の壁をクリアする唯一の方法

投稿日:

ニートor就労経験がない方にとって、面接は絶対に倒せないラスボスのようなもの。
これまでに就労支援施設でニートのサポートをしてきましたが、やっぱり面接をクリアするのは至難の業。

その理由はひとつ。

職務経験がない!
もしくは圧倒的に足りていないこと。

です。

RPG的にいうなら、レベル1のまま次々と新しいステージに行くようなものですね。
周りはみんなレベル8やレベル12になり、次々と新しい技術を覚えていくわけです。

対して、ニートはレベル1の状態&戦闘経験もない状態です。
他のライバルと比べて、ダントツ不利。

じゃあ、どうすればいいんだ?

と思うかもしれませんね。

色々と試してきましたよ。

履歴書の見栄えをよくする
キチンと面接対策をする
趣味やボランティアなどの経験を活かす

でも、そのほとんどが失敗。

小手先の手を片っ端から試しても、「職歴がありません」のハードルをクリアはできません。
面接官は、そこだけはしっかりと見ていますから。

面接官の立場で考える

職歴のない人を採用して、案の定、その人が使い物にならなかったらどうでしょう?
職場でつぶれてしまって、スグにやめてしまったらどれだけの損失が発生するでしょうか?
そして、採用を失敗した責任はだれがとるのでしょうか?

あなたを採用した面接官なんです。

ニートを支援する団体でも、職務経験ゼロのニートを職員として採用しようとは思いません。

残念ですが、これが現実です。

方法はひとつしかない!

職務経験がなければ創るのが手ってとり早い!

つまり、業種・職種を選ばずとりあえず働いてみる!ということです。

極論を言います。

3か月でも何らかの仕事に就けば、職務経験があると評価されます。

バイトでも、日雇いでも、派遣でも構いません。
面接なしで働けそうなところで、とりあえず働いてみることです。

さらに言います。

数か月間働いていやだったら辞めても構いません。

目的が職務経験を創ることですから。

ちょっと過酷な仕事のほうがよい

お勧めな仕事が、心身ともに過酷な仕事です。

離職率が高い仕事が良いかもしれません。

なぜなら、たとえやめても、退職理由を次の面接で説明することができるからです。

 

ハロワよりも良質な求人多数。
丁寧対応してくれる良質エージェント。
但し、20代限定。

-ニート・無業者

Copyright© 無職コム , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.