元・ニート就労支援センター(サポステ)職員の20代の働き方暴露ブログ

無職コム

広告

スポンサーリンク

ニート・無業者

「働いたら負けかなと思ってる」の伝説のニートがLineの執行役員

投稿日:

ニート=働いたら負け!
と言い切って、その生き方がカッコいいとお考えの方がいるようですね。

そんな青年がテレビで名言を残し、お茶の間を騒がせました。

働いたら負けはニートの永遠の名言だったはず。

しかし、働いたら負けだと思っている!と叫んだのにも関わらず、結果は負けています。

ちゃっかりとLineの執行役員の役員になっている。。。

プロの発達障碍者【桜井】さんのツイートをみて驚きました。

世の中って何があるかわかりませんね。

  • 今は働きたくない
  • 働きたくてもよい働き口がない
  • 就職活動をするのに精神的な負担を感じている

こんな理由からズルズルとニートを続けている方は結構います。

親が扶養してくれる生活環境があるからですね。

(一人暮らしをしているニートの数は全体の3%未満)

こちらの記事を参照してください。

ニートの末路4つ|親の支援が途切れたら?

逆に考えると、親の扶養が受けられない状態になれば、何らかの行動を起こします。

そこから思わぬ奇跡が起きることも・・・。

いずれにせよ、ニートであれ、なんであれ、親が生活支援が途切れれば最後の手段はひとつ。

重い腰を上げて就職活動を始める、なのです。

ただし、ニート経験があると就職活動は大変になります。

良い条件の仕事はないと判断したほうがよいでしょう。

でも軌跡はあるかもしれません。

 

ハロワよりも良質な求人多数。
丁寧対応してくれる良質エージェント。
但し、20代限定。

-ニート・無業者

Copyright© 無職コム , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.