元・ニート就労支援センター(サポステ)職員の20代の働き方暴露ブログ

無職コム

広告

スポンサーリンク

ハローワーク

雇用保険受け取りの条件2:一定期間雇用保険に加入をしている?

更新日:

雇用保険受給条件3つの条件その2です。

いざ会社を辞めたとしても、一定の期間は就労をしている必要があります。例えば、入社をしてもその会社に合わずに1か月で辞めてしまっては、雇用保険はもらえません。

いざ、辞めたのはいいけれど、翌月から給与がもらえないのはシャレにならないと思います。

要チェック事項ですね。

一定の期間は就労をしている必要がある

雇用保険に加入していた期間が退職前の2年間と通算で12カ月以上であることが条件になっています。

但し、これは自己都合で辞めた場合です。

会社都合で退社をした人は、別の条件が適応されます。

 

2007年4月の雇用保険法の改定

それまでは12か月以上勤務をしていれば、受給資格をゲットすることができたのですが、改定後は倍の6カ月になりました。

今までは1年以上だったものが半分に。

ハローワークの職員さんから理由を聞いたところ、最近は雇止めの問題が頻繁に起きているため、短縮にせざるを得なかったとのこと。

つまり、派遣社員として働いて、最初の使用期間-3か月-をクリアすれば、失業保険の対象になるってことですね

あと、自主退社をした場合でも、以下の条件にヒットすれば雇用保険受給の対象になります。

他、解雇や倒産といったような完全に会社都合の場合、1年縛りは適応されません。

短期雇用特例被保険者条例」という制度が適応され、通算で6カ月間就労していたことがわかれば支払いの対象になります。

素晴らしい制度ですね。

ハロワよりも良質な求人多数。
丁寧対応してくれる良質エージェント。
但し、20代限定。

-ハローワーク

Copyright© 無職コム , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.